寒い日には滅菌影響もある熱い緑茶が私の常識

お茶が有名な静岡県民の私のアパートから少し歩くと茶畑が広がってあり、小さい頃からほぼ連日お茶、特に緑茶を飲んでいらっしゃる。 デザートとみかんが置かれたコタツで熱い緑茶を飲み込む冬の休日の景色があります。
高熱のお湯ほどカテキン部類が多く溶け生み出し苦味や渋味わいが強くなりますが、冷めたぬるめのお湯で淹れたお茶はアミノ酸の風味がゆっくり引き出され美味しくなります。 しかし、熱いお湯で玄米茶やほうじ茶などを淹れると、悪臭が引き出されると共に、カテキンの爽やか苦味や渋味わいを楽しむことができます。
また、ツバキ科のお茶の木から採れる緑茶などは身体を冷やし、酸化発酵された茶葉は身体を温めて貰える。 薄い色あいの緑茶などは発酵されておらず、濃い色の紅茶などは発酵されています。
お茶の淹れパーソンやバラエティーによって様々な悪臭や味がありますが、自分の贔屓に合ったお茶の味わいを楽しみましょう。 きっと自身は今冬も熱い緑茶を飲んでいると思います。
ウイルスを消毒やる緑茶は感冒を予防することができます。 喉が痛むときも緑茶でうがいすることをお勧めします。 ぜひ試してみてください。