滑りやすいスノー流れで転倒しない安全な行動について

とても滑りやすくいスノーの太陽の路面は、通常の歩き方をすると転倒してしまうかもしれません。 転倒しないスノーの太陽に適した歩き方やファクターを紹介します。
 歩幅が大きいと配分を大きく崩してしまい、転倒しやすくなる結果、スノーが残っている路面ではちっちゃな歩幅で歩きの背後全体を路面に塗り付けるように走り抜けましょう。また、凍ってある路面では、軽く歩きを浮かせたすり足で歩くと、躓くことがないでしょう。 特に走り抜け取り掛かりやあるくテンポを変えたときは転倒しやすく、注意する必要があります。
 通行歩道、鉄道のターミナルや地下街の入り口近辺、バスやタクシーの乗降近辺やタイル張りの道筋も転倒しやすく、潤沢注意するが必要があります。 しかし、急いでいるときは注意を怠ることがある結果、滑りやすい路地は極力除け時間に残余持って出かけましょう。 スノー路地でなくても、走り回りながらの呼びだしやステップケータイは、絶対にやめましょう。 また、方策を直ちにいつでも払えるように、リュックサックやショルダー型式の積荷がおすすめです。
 何時スノーが降っても適切ように、見聞をしっかり身につけ、一安心を重視した方策を働き転倒しない歩き方を心がけましょう。